○勉強は特別なものではない


 

《勉強を特別視するな》

 

“中学受験”は特別なものかもしれませんが、“勉強”自体はなんら特別なものではありません。

 

“勉強”は、日々の生活のなかに自然に溶け込んでしかるべきものです。

 

子供が勉強を嫌がるのであれば、それは、親が勉強を“特別なもの”と思い込んでいるからです。

 

 

親自身が、「勉強とは高尚なものだ」「勉強ができるということは立派なのだ」と極度に思っていたり、

 

反対に、「勉強って大変」「勉強好きじゃない」「勉強はめんどくさい」だなんて強く思っていたら、

 

子供は構えるようになり、勉強への苦手意識や嫌悪感が強くなります。

 

 

 

そもそも、自分自身が良いと思っているものだって押しつけたら虐待だし、ましてや自分が敬遠しているものをやらせようとするなんて、ますます悪趣味ですよ。

 

 

 

親が“勉強”を特別視するから、親も子も勉強ができなくなるんです。

 

 

 

本来、“勉強”は日常に溶け込んでいるものですし、自分自身を豊かにしてくれるものだし、好奇心を満たしてくれる楽しいものなんです。

 

 

 

そういった認識を親子で共有しようとしていますか。

 

親の言葉で“勉強とはなにか”を、我が子に説明できていますか。

 

 

 

それをなくして、中学受験をするだなんて、冗談でしょう?ねぇ?